痛みで耐えられない痔の症状|事前に予防しておく

お尻周辺の病気

カウンセリング

お尻から血が出たら

痔には3種類あり、切れ痔、いぼ痔、アナ痔です。切れ痔といぼ痔は出血を伴います。お尻の周辺に起きる病気です。しかし、お尻から血が出たからと言っても必ず痔とは限らないので注意が必要です。お尻から血が出ると驚きます。まずは病院で検査をすることをおすすめします。お尻から血が出る症状としては、大腸がん、腸内のポリープ、直腸がん、直腸炎などがあります。お尻からの出血の他に腹痛、胃痛、腸内の違和感などがある場合には腸の病気が考えられます。血が出る症状だけで痔と判断して放置しておくのは危険なのですぐに検査を受けましょう。痔は年齢に関係なく起こる症状なので若いからと言って安心はできません。誰にでも起こる病気と言って良いでしょう。症状には、お尻が切れて痛みがあるので大便の時にいつも痛い、座ったら痛むなどの症状の時には痔を疑っても良いでしょう。しかし、素人の安易は判断は危険です。治療をすると完治する病気なので治療を受けましょう。胃腸科、肛門科などで検査をしてくれます。痛みを伴い生活に影響が出るので早めに検査をして治療をすることが良いでしょう。トイレを我慢する、便が細い、トイレの時間が長いなどの方は注意をしましょう。また、野菜を食べない、運動をしないなどの方も可能性はありますので注意をしましょう。下着のチェックもしてみると良いでしょう。常に下着が汚れている方も注意です。お尻から血が出るだけでなくいつもの生活も注意深く観察してみましょう。