痛みで耐えられない痔の症状|事前に予防しておく

自分でチェック

病院

種類と治療法を知る

デリケートな問題である痔は日本人の4人に3人は経験があると言われるほどで、多くの人が悩んでいるもので、なかなか人には相談しづらくて症状を悪化させてしまうこともしばしばでしょう。この痔の原因としては便秘やストレスに飲酒などの生活習慣が影響しているようです。症状別にみると大きく3つに分けられ、便秘が起こり無理に固い便を出そうとして皮膚が切れてしまう「切れ痔」は、排便の際に激しい痛みを伴い出血してしまいます。長い時間のデスクワークや妊娠や出産を機に肛門に負担がかかり、内側で内出血を起こし内痔核を伴うのが「いぼ痔」で、症状としては痛みがなく排便時に肛門からいぼが出てきて、進行してしまうと常にいぼが出ている状態になります。肛門の中の歯状線と呼ばれるくぼみに細菌が入ってしまい、化膿を繰り返し行っているうちにお尻の皮膚を破ってしまうのが「あな痔」で、下痢により細菌感染してしまったりストレスが原因になり、内部で炎症を起こしている場合は皮膚が腫れて痛みを伴い、熱を出してしまうこともあります。軽症状には市販の薬により治すことができ、軟膏タイプは切れ痔と外に出てしまったいぼ痔に向いていて、坐剤タイプは肛門の内側に内痔核がある場合に使用し、注入軟膏タイプは手を汚すことなく清潔に使用でき、すべての痔の治療に効果があります。治療には肛門を清潔に保ちながら排便時に負担のかからないように気を付け、症状が進行する前に病院に受診しましょう。