痛みで耐えられない痔の症状|事前に予防しておく

お尻に違和感がある時

看護師

自分が痔かもしれないと感じたら、専門の医師に検査してもらいましょう。その際に保険の適用を望む方は皮膚科に行くことをおすすめします。また座っているときのお尻の違和感を放置すると症状が悪化するかもしれないので、症状に合わせた薬を使用しましょう。

自分でチェック

病院

誰でもなりえる痔は生活習慣が乱れることで、便秘を起こし肛門に負担がかかり皮膚が切れてしまう、更には炎症を起こし化膿してしまいます。便秘は痔の症状を悪化させてしまうので、早めに皮膚科などのクリニックを受診しましょう。

お尻周辺の病気

カウンセリング

痔の症状は、お尻から血が出る、お尻が痛い、かゆいなどです。痛みやかゆみがひどいと生活に影響が出るので早めに検査をしましょう。治療をすると完治します。また、トイレの時間や便の状態なども注意深く観察しましょう。

悪化する前に対処しよう

ドクター

どんな予防法があるのか

痔には色んな種類があります。切れ痔になりますと、排便のたびに激痛を伴う症状が起こります。いぼ痔は、肛門周辺の血管がうっ血して起こるもので、排便時に傷付くと大量の出血を伴う事もあります。症状がひどくなる前に、少しでも肛門付近に違和感を感じる事があれば、病院に行くようにしましょう。痔の治療は、どうしても医師に肛門を見せなくてはいけないために、抵抗があると言う人が殆んどです。ですが、そのままにしておくことで、症状が悪化してしまい、より酷くなる可能性があります。痛みが長く続いたり、出血が多い場合には、絶対に病院に行かなくてはいけません。実は日本人の成人の内、3人に1人が痔に悩んでいると言われています。国民病ともいえるくらい、身近な病気でもあります。デスクワークが多く、同じ態勢をとっている人や、重労働で、何かと力を入れる事が多い人や、飲酒や喫煙をする人がなりやすいと言われています。また、それ以外でも、妊娠や出産をする事で、女性もなりやすいと言われています。特に便秘がちな人は、痔になりやすいと言われていますので、お通じは定期的に来るように、食生活や生活習慣の改善をして、排便のリズムをきちんと作るようにしましょう。デスクワークで座りっぱなしだと言う人は、意識をして席を立つ習慣をつける事が大切です。痔は年齢問わず、色んな人になりやすい病気です。少しでも痔かもしれないと感じましたら、恥ずかしがらずに病院に行って、早めの予防を心掛けて、症状を抑えましょう。